/

中国、米欧のサイバー攻撃非難に反発 「政治目的で中傷」

 中国共産党創立100年を記念する祝賀大会で演説し、拳を突き上げる習近平国家主席。中国中央テレビが1日放映した=共同

【北京=羽田野主】中国の趙立堅副報道局長は20日の記者会見で、米国や欧州、日本の各政府・機関が中国のサイバー攻撃を一斉に非難したことに反発した。「米国は中国を事実をゆがめて政治目的で中傷している」と述べた。「いかなる形式のサイバー攻撃にも反対する」と続け、関与を否定した。

欧州連合(EU)代表部や英国などにある大使館も20日、中国によるサイバー攻撃を非難した米英やEU、北大西洋条約機構(NATO)に「強烈な不満と断固たる反対」を表明した。中国は「被害国のひとつだ」と主張した。

中国はサイバー攻撃に反対の立場だと強調し、一部の西側国家が世界で無差別にサイバー攻撃を仕掛けて情報窃取などを行っていると批判した。中国もNATO加盟国などの標的になっていると強調し「悪意あるサイバー活動を取り締まる」よう関係国に求めた。

声明は在英国、カナダなどの中国大使館が一斉に発表した。

中国共産党系メディアの環球時報は20日付の社説で、「中国に制裁を加えるのなら、断固として報復する」と強調し、対抗措置を示唆した。

米国などが中国の国家安全省がサイバー攻撃の起点になっていると指摘したことに「安全部門は非常に敏感で、内部を公開して潔白を証明することはできない。米国は中国に泣き寝入りをさせようとしている」と主張した。

中国政府が組織的にハッカーを雇ってサイバー攻撃しているとの分析には「中国の体制では到底実行できないし、動機からしても説明がつかない」と反論した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン