/

ジャック・マー氏、2カ月以上ぶり公の場 現地報道

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

中国ネット大手、アリババ集団創業者の馬雲(ジャック・マー)氏が20日、自身の主催する社会福祉イベントにオンラインで参加したことがわかった。中国共産党系メディアの環球時報(英語版)が報じた。馬氏が公の場に姿を現すのは2カ月以上ぶり。2020年末に中国当局が独占禁止法違反で杭州にあるアリババ本社を捜索しており、馬氏の動静を巡り様々な臆測が取り沙汰されていた。

20日のオンライン番組に姿を見せたジャック・マー氏=共同

中国メディアによれば、馬氏は中国農村部の教師100人が参加するイベントにオンラインで参加し、参加者らに「新型コロナウイルスの感染拡大が収束したら、ぜひまた会いましょう」と呼びかけた。馬氏の財団が毎年主催しているイベントの一環だという。環球時報は「馬氏が姿を見せないことで、西側メディアの間で過去2カ月間にわたり臆測が広がっていた」と伝えた。

馬氏が公の場に姿を現したと伝わると、香港証券取引所に上場するアリババ集団の株価が急伸した。20日には一時、前日比11%高の270香港㌦まで上昇。20年11月下旬以来、約2カ月ぶりの高値をつけた。

馬氏はアリババの全ての役職を辞任し、経営の第一線から退いていたが、慈善活動や教育関連のイベントには積極的に参加している。20日に参加したイベントでも「教育の慈善活動に貢献するため一層強い決意をした」と発言したと報じられている。

ただ、役職辞任後も馬氏はアリババ傘下の金融会社アント・グループを含めたグループ全体に今も絶大な影響力を握る。アリババの個人筆頭株主であり、取締役の過半数の任命権を持つパートナーシップ委員会の永久メンバーとしても名を連ねている。

馬氏は20年10月に講演で「良いイノベーションは監督を恐れない」などと、当局批判ともとれる内容を発言。物議を醸し、直後に控えていたアントの上場延期につながったとされる。その後は公の場に姿を見せていなかった。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン