/

この記事は会員限定です

対中圧力、日本に不利益 台湾「反国家分裂法」に抵触

日米共同声明を聞く(4)中国外交学院・蘇浩教授 

[有料会員限定]

日米の共同声明の内容は中国と米国、中国と日本の関係に大きな負の影響を与えるだろう。事実上、中国を日米同盟の「ライバル」と認定しているためだ。

日本はこれまで中国と米国の間でかけ橋の役割を果たしてきた。ところが自らの立場を変えて、米国を助けて中国をたたこうとしている。非常によくない。

中国と日本の間には共通利益がたくさんある。東アジアの地域的な包括的経済連携(RCEP)や環太平洋経済連携協定(TPP...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り861文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン