/

この記事は会員限定です

中国雑貨店大手メイソウ、玩具店に参入 若者つかむ

葉CEO「ブランド多角化進める」

[有料会員限定]

【広州=川上尚志】中国の雑貨店大手、名創優品(メイソウ)が事業の多角化を進める。雑貨店に次ぐ第2のブランドとして玩具専門店をこのほど立ち上げた。創業者の葉国富・最高経営責任者(CEO)は日本経済新聞の取材に対し、「多ブランド化を進め、新しい小売業のプラットフォーム型企業を目指す」と述べた。主力の雑貨店で中国内外での出店を拡大しつつ、新業態も増やして若者需要を取り込む狙いだ。

「このフィギュア、かっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り895文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン