/

この記事は会員限定です

オーストラリア9年ぶり政権交代へ 総選挙で労働党勝利

(更新) [有料会員限定]

【シドニー=松本史】21日投開票のオーストラリア総選挙(下院選)で野党・労働党の勝利が確実になった。同党のアルバニージー党首(59)が与党・保守連合(自由党と国民党)を率いるモリソン首相(54)に代わり次期首相に就任する。豪州の政権交代は9年ぶり。

アルバニージー氏は同日夜、シドニーで記者会見し「豪州人は変化を求め票を投じた」と勝利宣言した。モリソン氏は「アルバニージー氏と彼の政府の成功を祈る」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り598文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン