/

この記事は会員限定です

米、ASEANに外相協議を打診 ミャンマー制裁の理解訴え

[有料会員限定]

【シンガポール=中野貴司】バイデン米政権が東南アジア諸国連合(ASEAN)に電話やテレビ会議形式での外相協議を打診していることが分かった。ASEAN重視の外交姿勢を示すとともに、ミャンマー問題でも制裁への理解を訴える狙いがあるとみられる。ただ、ASEAN内の意見は一致しておらず、早期に実現できるかは不透明だ。

ASEAN外交筋によると、米国は当初2月11日前後の日程を提案したが、ミャンマー、タイ、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1080文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ミャンマー国軍は2021年2月1日、全土に非常事態を宣言し、国家の全権を掌握したと表明しました。 アウン・サン・スー・チー国家顧問率いる政権を転覆したクーデター。なぜ起きたのでしょうか。 最新ニュースはこちら。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン