/

この記事は会員限定です

中国、海外へデータ持ち出し制限 個人情報保護法が成立

(更新) [有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国で個人情報保護法が20日成立した。個人データの海外への持ち出しを厳しく制限する。米中対立の先鋭化を受け、中国に差別的な措置を取る外国への対抗措置も盛り込んだ。データ統制の法的枠組みが整い、外資企業も対応を迫られる。

中国国営の新華社によると、中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会が同日、個人情報保護法を可決した。11月1日に施行する。10億人近いネット利用者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1081文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン