/

オーストラリア、ウクライナに石炭提供 電力維持に

【シドニー=松本史】オーストラリア政府は20日、ロシアが軍事侵攻を続けるウクライナに対し発電用の石炭(一般炭)7万トンを提供すると発表した。アルミニウム原料のアルミナについて、豪州からロシアへの輸出を禁止したことも明らかにした。

豪州は世界有数の一般炭輸出国で、2020年は約2億トンを輸出した。モリソン首相は記者会見で石炭提供はウクライナ政府の要請を受けたものだと述べ、同国内で約100万世帯に電力を供給できるとの見方を示した。輸送も含めた費用は豪政府が負担する。

アルミナの輸出禁止については「ロシアにとって重要な輸出品であるアルミニウムの生産能力を制限する」ためだと説明した。豪政府によるとロシアはアルミナ需要の2割近くを豪州に依存している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン