/

この記事は会員限定です

台湾TSMC、米政府の異例の情報開示要求に「ノー」

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【台北=中村裕】米国政府による台湾積体電路製造(TSMC)など半導体大手に対する異例の要求が波紋を広げている。世界的な半導体不足が一向に解消されない状況から、9月下旬、大手メーカーに対し、出荷に関する詳細な情報を45日以内に提出するよう求めた。だが、メーカー側は「機密事項」に当たると反発する。米側の強引な手法に不信感が高まっている。

事の始まりは9月23日。米国のレモンド商務長官らが主催し、約4カ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2143文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン