/

北朝鮮、新型SLBMは潜水艦から発射と報道

(更新)

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮中央通信は20日、兵器の開発機関である国防科学院が19日に新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を試験発射したと伝えた。ミサイルは誘導技術を高めており、2016年に発射実験を成功させた潜水艦から撃ったと説明している。金正恩(キム・ジョンウン)総書記は発射に立ち会わなかったもようだ。

韓国軍などによると北朝鮮は19日午前、東部の新浦(シンポ)から日本海に向けて弾道ミサイルを発射した。飛距離は590キロメートル、高度は60キロメートルだった。変則的な軌道を飛んだと分析されていた。

朝鮮中央通信は19日のSLBMについて「側面機動や滑空跳躍機動など多くの進化した操縦誘導技術が導入された」と解説した。下降時に急上昇する特性を持ち「北朝鮮版イスカンデル」と呼ばれる短距離弾道ミサイルを改良した可能性がある。11日に開かれ金正恩氏も視察した兵器展覧会では小型のSLBMを公開していた。

報道は今回の発射に使った潜水艦を「8.24英雄艦」と呼んだ。北朝鮮は16年8月24日に初めて潜水艦からのSLBM発射に成功しており、これと同一の「コレ級潜水艦」(排水量約1500トン)を使用したとみられる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン