/

この記事は会員限定です

RCEP、22年発効へ前進 11カ国が最終段階

[有料会員限定]

地域的な包括的経済連携(RCEP)協定に参加する各国の国内手続きが進んでいる。15カ国中11カ国が既に手続きを終えたか、最終段階にあり、2022年前半の発効が現実味を増している。91%の品目で関税を段階的になくすRCEPのルール適用が始まれば、アジア太平洋域内の貿易がさらに活発になる見通しだ。

日中韓やASEAN各国など15カ国は20年11月にRCEP協定に署名した。ASEAN10カ国中の6カ国、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り884文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン