/

この記事は会員限定です

中国アント、東南アジアで再起動 デジタル決済覇権狙う

[有料会員限定]

アリババ集団傘下の金融会社アント・グループが海外戦略を再起動している。シンガポールのフィンテック企業「2C2P」への過半出資を決めた。異例の株式上場中止から約1年半となり、成長余地を求めて東南アジアで再び攻勢に出る。豊富な資金力を武器に、群雄割拠となっている東南アジアのデジタル決済市場への浸透を目指す。

「ウィンウィンの協力だ」。アント・グループ国際事業部門責任者、趙穎氏は2C2Pへの出資につい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1442文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン