/

この記事は会員限定です

「税収構造違うだけ」揺れる租税回避地・バミューダ歩く

[有料会員限定]

世界が法人税の課税強化で足並みをそろえる中、低税率で企業を誘致してきたタックスヘイブン(租税回避地)への風当たりが強まっている。どんな場所なのか。代表格とされる英領バミューダを歩いた。

ニューヨークから直行便で大西洋を東に2時間。バミューダは人口6万4000人、面積53平方キロメートル。青く透き通った海に囲まれたリゾート地だ。空港から首都ハミルトンまでは車で約30分で着いた。

徒歩圏内に保険大手ずらり

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1345文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン