/

この記事は会員限定です

インドと欧州を近づけた中国、「政冷経熱」の終焉

アジア総局長 高橋徹

[有料会員限定]

「対中国」での結束を世界に示して13日に閉幕した主要7カ国首脳会議(G7サミット)。「民主主義陣営」として招かれたゲスト4カ国にはオーストラリア、韓国、南アフリカ、そしてインドが名を連ねた。自国内の新型コロナウイルス危機のため、モディ首相は唯一のオンライン参加だったが、ホスト国の英国やドイツ、フランス、イタリアの各首脳とは2カ月連続での顔合わせとなった。

距離を縮めるインドと欧州。2020年1月の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2902文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

Asia Analysis

経済が成長し目まぐるしく変化するアジアの国々。米国と中国の超大国同士の貿易摩擦が激しくなる中、その狭間に位置するアジアにも余波が及んできた。現地の政治・経済の今を切り取る。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン