/

この記事は会員限定です

疾走するテスラ、深まる中国との絆 北京ダイアリー 

中国総局長 高橋哲史

[有料会員限定]

北京で米テスラの電気自動車(EV)を見ない日はない。

上海工場で製造する「モデル3」の出荷が2020年1月から始まり、中国国内で約14万台を売るヒットになった。いまやすっかり街の風景に溶け込み、アップルのiPhoneやスターバックスのコーヒーと並ぶ「米国ブランド」の象徴と言っていい。

17日で終わった春節(旧正月)に伴う大型連休の間も、北京の高級ショッピングモールにあるテスラの販売店は多くの客でに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1245文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン