/

オーストラリア「哨戒機に中国がレーザー照射」と非難

(更新)

【シドニー=松本史】オーストラリア国防省は19日、豪軍の哨戒機が中国軍の艦船からレーザーの照射を受けたと発表した。同省は声明で「未熟で危険な行為」と指摘、「強く非難する」とした。

豪国防省によると17日、インドネシア東部ニューギニア島と豪州を隔てるアラフラ海で豪軍哨戒機が中国軍の艦船からレーザー照射を受けた。レーザー照射は操縦士の目を見えにくくするため、事故につながりかねない危険な行為とされる。同省は「豪軍人員の安全や生命を危険にさらすものだ」と非難した。

中国の艦船はアラフラ海を東に向けて航行し、その後豪東部のサンゴ海に出た。

豪中関係は2020年に豪州のモリソン首相が新型コロナウイルスの発生源を巡り独立した調査を要求して以降、悪化を続けている。

モリソン氏は21日、ラジオ番組に出演しレーザー照射について「危険で向こう見ずな行為」と批判した。中国はどのような経緯で照射に至ったのか調査を行うべきと述べ、説明を求めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン