/

この記事は会員限定です

[FT]習氏肝いりの新都市建設、「見えざる手」が歯止め

[有料会員限定]

中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席肝いりの新都市建設計画が難航している。地元の当局者や住民によると、膨大な建設コストが障害になっているうえ、企業が北京からの移転に二の足を踏んでいるという。

北京の中国共産党指導部からわずか130キロメートルの河北省中部に位置する雄安は、習氏によって2017年に「新区」に指定された。

この計画は、北京の過密問題や大気汚染の改善を目指す習氏の構想の要であり、数百...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2324文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン