/

この記事は会員限定です

[FT]コロナ禍でバチカンの財政がひっ迫

[有料会員限定]
Financial Times

欧州各国が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で悪化した経済を立て直すために財政支出を増やすなかで、キリスト教カトリックの総本山バチカン(ローマ教皇庁)では観光客や寄付が激減、痛みを伴う緊縮財政に追い込まれている。

世界最小の独立国家であるバチカンは枢機卿全員の給与カットや不急の建物改修の中止、外国訪問の削減を初めとした支出削減策に取り組んでいる。

先月にはローマ教皇フランシスコが「新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1848文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン