/

リオ、20年の鉄鉱石出荷1%増 中国需要堅調

西オーストラリア州の鉄鉱石鉱山=リオ・ティント提供

【シドニー=松本史】英豪資源大手リオ・ティントは19日、2020年のオーストラリア産鉄鉱石の出荷量が19年比1%増の3億3060万㌧だったと発表した。他の資源が伸び悩む中、鉄鉱石は主要輸出先の中国が新型コロナウイルス対策としてインフラ投資などの景気刺激策を実施したことから堅調だった。

同社の20年の鉄鉱石価格は1㌧当たり91㌦(約9400円)と19年から15%上昇した。リオは「価格は市場の(需給)逼迫により20年後半に大きく上がった。中国の需要は引き続き底堅い。日本、韓国、台湾、欧州の需要も戻りつつある」とした。21年の出荷量は最大で3億4000万㌧を見込む。

一方、銅の採掘量は20年通年で52万8000㌧と19年から9%減少した。チリのエスコンディーダ鉱山で新型コロナ対策により生産が減少したことなどが響いた。ただ価格は堅調で19年より3%高かった。リオは「世界の財政出動、中でも(自動車などの)電化や再生可能エネルギー(への投資)」が銅の使用増につながるとの見方を示した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン