/

米中外交トップが初協議、異例の長時間応酬

ブリンケン米国務長官(右)=ロイター

【ワシントン=永沢毅、北京=羽田野主】ブリンケン米国務長官と楊潔篪(ヤン・ジエチー)中国共産党政治局員らは18日(日本時間19日)、米アラスカ州アンカレジで会談した。ブリンケン氏は人権や台湾問題などで中国の対応に「深刻な懸念」があると指摘した。中国側は「内政干渉だ」と猛反発した。

楊潔篪中国共産党政治局員(中央)=ロイター

冒頭の数分をメディアに公開する予定だったが、1時間以上も激しく応酬する異例の展開となった。バイデン政権発足後、米中外交トップによる対面の会談は初めて。サリバン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)、中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相も同席した。会合は2日間の予定。

ブリンケン氏は新疆ウイグル自治区の人権侵害や台湾問題、米国へのサイバー攻撃、同盟国の経済的抑圧などを挙げた。中国が「世界の安定を維持するルールに基づく秩序を脅かしている」と批判した。

楊氏は「台湾や香港、新疆ウイグルはすべて中国から切り分けることのできない領土だ。内政干渉に断固反対する」と強く反発した。米国が同盟国と対中圧力を強めているのを批判し「中国の社会制度を変えようとするのは全くのむだだ」と強調した。

米中外相協議に先立ちバイデン大統領は米国、日本、オーストラリア、インド4カ国でオンライン形式の首脳協議を開き、中国への対抗軸構築を図った。ブリンケン氏とオースティン国防長官は日韓両国を訪問し、対中政策を擦り合わせた。

中国もバイデン政権との長期対立を見すえ、足場固めに動く。中国側の要請でロシアのラブロフ外相が22日に訪中し王氏と会談する。トルコ側によると、王氏は25日にトルコを訪問する計画だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン