/

この記事は会員限定です

中国、台湾「国」扱いに危機感 米釈明「政策変更なし」

[有料会員限定]

【北京=羽田野主、ワシントン=坂口幸裕】米中首脳協議の影の主役は「台湾問題」だった。習近平(シー・ジンピン)国家主席は米国が台湾をあたかも「国」のように扱っているのではないかと疑念を深め、強い表現で警告した。バイデン米大統領は米国の台湾政策に変更はないと釈明した。

首脳協議があった18日、中国初の国産空母「山東」が台湾海峡を航行した。協議を前に、中国が台湾問題にこだわりを持つことを訴える狙いがあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り409文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン