/

この記事は会員限定です

[FT]USTR代表、狙いはアジア政策の「軌道修正」

[有料会員限定]
Financial Times

米国が、トランプ政権による通商協定離脱を経て、経済超大国としての信任の回復を目指すなかで、米通商代表部(USTR)のタイ代表は、アジア太平洋地域において米国の「軌道修正」が必要だと認めた。

USTRのタイ代表は訪問中の東京で、日本の林芳正外相から直接、環太平洋経済連携協定(TPP)の新協定である「包括的及び先進的な環太平洋パートナーシップ協定」(CPTPP)への復帰に向け米国を導いてほしいと要請さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1843文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン