/

この記事は会員限定です

「ポスト安倍」の日韓 関係改善へ国内説得の難路

岸田首相と韓国外相が会談

[有料会員限定]

岸田文雄首相と韓国の朴振(パク・ジン)外相の19日の会談は、関係改善に向けた道のりの険しさを改めて浮き彫りにした。日本側の公式発表は銃撃された安倍晋三元首相への弔意を巡るやりとりしか紹介しなかった。自民党内からは慎重な対応を求める声が出た。

「首脳会談の話はありましたか?」。首相官邸で記者団から問いかけられた首相は何も答えずに立ち去った。外務省の発表資料は160字程度で、元徴用工や慰安婦の問題へ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り835文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン