/

この記事は会員限定です

中国、米との対話復活に期待 新政権の対中姿勢分析急ぐ

重要閣僚の言動から『対中圧力は継続』覚悟

[有料会員限定]

【北京=川手伊織】中国が米国のバイデン政権の対中姿勢に関する分析を急いでいる。新政権の重要閣僚の言動から、貿易などの対中圧力は当面続くと分析。全体的に見ればトランプ前政権ほど強硬一辺倒ではなく、気候変動問題などを巡り対話の窓口が復活するとの期待も寄せる。台湾や南シナ海の問題では米国が過剰に対立をあおることはないとの見方もある。

広州市の●(既の下に旦)南大学関連のシンクタンク、海国図智研究院が1月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1101文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン