/

この記事は会員限定です

人災だったテキサス大停電の教訓(The Economist)

[有料会員限定]
The Economist

「雨が降れば土砂降り」は「泣きっ面に蜂」に似た英語の表現だが、米国のテキサス州ではさしずめ「雪が降れば停電」というべきかもしれない。寒波に見舞われた同州では史上まれにみる降雪と1989年以来の最低気温を記録し、数百万の市民が電力や暖房のない生活を強いられた。州内の電力供給各社は需要の急激な高まりによって供給系統全体が機能不全に陥らないよう、大規模な計画停電を実施した。16日には最大で450万世帯に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2895文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン