/

この記事は会員限定です

中国勢、格安の小型EVを拡充 五菱や長城

上海自動車ショー

[有料会員限定]

【上海=多部田俊輔】中国国有自動車大手、上海汽車集団の傘下で米ゼネラル・モーターズ(GM)も出資する上汽通用五菱汽車は19日、上海国際自動車ショーで、格安の小型電気自動車(EV)「宏光MINI EV」の屋根が開く車種を発表した。2020年に発売した「宏光MINI EV」は価格が2万8800元(約48万円)からで地方都市を中心に爆発的に売れたことから、派生モデルの投入でシェア拡大をめざす。

上汽通用...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り423文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン