/

金正恩氏、経済難克服を宣言 党中央委員会総会が閉会

党中央委員会総会に出席する金正恩氏(18日、平壌)=朝鮮中央通信・ロイター

【ソウル=細川幸太郎】北朝鮮の朝鮮中央通信は19日、朝鮮労働党中央委員会総会が18日に閉幕したと報じた。金正恩(キム・ジョンウン)総書記は足元の経済難を念頭に「堅忍不抜の闘志で現在の難局を必ず克服する」と宣言した。党指導機関の活動や生活について「重大な問題が生じている」と叱責する場面もあった。

金正恩氏は党員に対して「人民に社会主義の恩恵が少しでも多く届くように、自分の血と汗を惜しみなくささげるという覚悟を持たなければならない」と訴えた。同通信は、上半期中に現れた党指導機関の欠陥から深刻な教訓を見いだしたとしている。

総会では太亨徹(テ・ヒョンチョル)最高人民会議常任副委員長を政治局員に昇格させる人事なども決定した。注目を集めていた、総書記に次ぐ新設ポスト「第1書記」についての言及はなかった。1月の党大会で党規約を改正した際に権限の一部委譲のために新設された役職で、金正恩氏の側近が就いたとの見方が出ていた。

党中央委総会の開催は今年2月以来。15日からの4日間の日程を終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン