/

米中、コロナ起源で応酬 WHO国際調査団巡り

スイス・ジュネーブのWHO本部=ロイター

【ジュネーブ=共同】18日の世界保健機関(WHO)執行理事会で、米国が中国に対して新型コロナウイルスの起源を探るため中国湖北省武漢に入ったWHO国際調査団に必要なデータの取得や元患者らへの聞き取りを認めるよう要求し、中国が反論して応酬となる一幕があった。

米国は「中国当局が持っている情報を提供しなければ、調査は成功しない」と強調。ウイルスが流出した可能性が取り沙汰されている中国科学院武漢ウイルス研究所を念頭に「武漢やその周辺で行われた動物実験の結果」などの詳細な情報や、流行初期に多くの患者が確認された海鮮市場から採取した検体の提供に応じるよう求めた。

中国側は「新型コロナの流行が始まってから、中国は率直に透明性を持って、時宜にかなった情報提供を行う責任を果たしてきた」と反論。「新型コロナに立ち向かう上で、いかなる政治的な圧力もかけるべきではない」と不快感を示した。

WHOが中国寄りだと批判してきたトランプ米政権は昨年、WHOを今年7月に脱退すると通告したが、バイデン次期大統領は残留を明言しており、WHO最大の資金拠出国である米国の離脱は避けられる見通しだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン