/

この記事は会員限定です

ミャンマー生産継続へ外資苦心 トヨタ「1日1台」も

[有料会員限定]

【ヤンゴン=新田裕一】クーデター後の混乱が続くミャンマーで、外資企業が工場の操業維持を模索している。最大都市ヤンゴン近郊のティラワ経済特区では稼働率が50%を超す工場が半分強にとどまるが、長期的には市場の成長余地が大きいためだ。各社は国軍当局と距離を取りつつ事業継続を探るものの、民主派への抑圧など人権状況への国際的な視線は厳しさを増しており、慎重な経営判断が求められる。

施設や人材を維持

11...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2474文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません