/

この記事は会員限定です

毛沢東と同列、鄧小平超え 習氏「歴史決議」の狙い

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

中国共産党は11月に開く第19期中央委員会第6回全体会議(6中全会)で結党以来100年の歴史を総括する「歴史決議」を審議すると決めた。毛沢東、鄧小平の時代に続く第3の決議となる。歴史決議とは何を意味し、習近平(シー・ジンピン)総書記(国家主席)の権力にどう影響するのか。3つのポイントから読み解く。

・歴史決議とは何か
・予想される内容は
・習氏の狙いは何か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1479文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの意味や背景を理解するためのポイントをいちからわかりやすく解説し、その後の展開を見通します。欧米メディアでは「エクスプレイナー」と呼ばれる解説コンテンツです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン