/

トンガ政府「津波最大15㍍、死者3人」と声明 噴火後初

think!多様な観点からニュースを考える

【シドニー=松本史】海底火山の大規模な噴火が起きた南太平洋のトンガ政府は18日の声明で「これまでに3人の死者を確認し、複数の負傷者が報告されている」と明らかにした。被害に関するトンガ政府の公式声明は15日の噴火後で初めて。在トンガのオーストラリア高等弁務官事務所がフェイスブックに投稿した。

声明によると、死亡が確認されたのは、遺体がすでに発見されていた英国人女性(50)に加え、離島に住む65歳の女性と49歳の男性。噴火で発生した津波の高さは最大で15メートルに達した。「津波警報はすでに解除され、火山活動はかなり縮小したが、今後も状況を注視していく」と説明した。

一部の離島では全家屋が損壊したという。首都ヌクアロファがあるトンガタプ島などでは埠頭が損壊し、空港の滑走路には火山灰がつもり、船や航空機の発着が難しくなっている。同島の北東の離島、マンゴ島ではすべての家屋が津波によって破壊された。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン