/

この記事は会員限定です

中国、外交立て直し課題 北京五輪が閉幕

プーチン氏との握手回避も 米欧との融和遠く

[有料会員限定]

【北京=羽田野主】20日閉幕の北京冬季五輪で、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は国内の統制を徹底し、新型コロナウイルスの変異型流行などの懸念を乗り切った。ただ五輪外交を通じた米欧などとの緊張緩和は外交ボイコットで目算が崩れ、対外関係の立て直しで課題を残した。

黒いコートに赤いマスクをして閉会式に出席した習氏は中国選手団の入場時に大きく手を振り、五輪の円満な成功を内外にアピールした。

だが中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り984文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン