/

この記事は会員限定です

ミャンマーを去る石油メジャーの冷徹な計算

アジア総局長 高橋徹

[有料会員限定]

世界秩序を根底から揺さぶるロシアのウクライナ侵攻は、東西冷戦後にグローバル化へひた走ってきた多国籍企業に軌道修正を迫る。エネルギー分野は典型だろう。英BPやシェル、米エクソンモービルなどのメジャー(国際石油資本)がすぐさまロシアからの撤退を表明した。

「責任ある撤退」を迫られるのは、2021年2月に軍事クーデターが起きたミャンマーでも同じだ。年間15億ドル(約1800億円)ともされる石油・天然ガ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2882文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン