/

この記事は会員限定です

香港「ゼロコロナ」に企業が悲鳴 フェデックス乗員移転

[有料会員限定]

【香港=木原雄士】香港拠点の企業が新型コロナウイルスを完全に抑え込む「ゼロコロナ」政策に悲鳴をあげている。米物流大手フェデックスは防疫措置が厳しすぎるとして、香港の貨物機パイロットの完全移転を決めた。キャセイパシフィック航空も12月の旅客便を大幅に減らす。入境規制の緩和見通しが立たず、金融や観光など幅広い産業の活力低下が避けられない。

「グローバルな事業環境が変化する中で香港当局からの要求を考慮...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1644文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン