/

この記事は会員限定です

「元ファーウェイ」中国オナー、スマホで欧州など再攻勢

[有料会員限定]

中国のスマートフォンのブランド「オナー」が海外で再攻勢に出る。大手の華為技術(ファーウェイ)から2020年に独立した後、いったんは規模が落ち込んだが、今後は欧州など20カ国で事業拡大を目指す。日本経済新聞の単独取材に応じた趙明・最高経営責任者(CEO)は「5年後には海外での出荷台数が中国を超えるだろう」と語り、海外の需要開拓に力を入れる考えを示した。

「21年以降、当社の海外市場のシェアはほぼゼロに落ち込んだが、今こそ最初からやり直す時だ。今後数年間は拡大を続けられる。年間10億台を超える巨大な(グローバルの)市場に我々は正式に戻ってくる」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2066文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン