/

この記事は会員限定です

中国で「偽ニュース」拡散、新型コロナ巡り 当局放置か

[有料会員限定]

【北京=羽田野主】中国のSNS(交流サイト)などで、新型コロナウイルスの発生源を巡る「偽ニュース」が拡散している。バイデン米政権は8月下旬までにコロナの起源に関する報告書をまとめる計画で、中国の責任も問う構えだ。中国国内で動揺が広がらないように、当局も放置し続けているようだ。

「号外。イタリアが新型コロナの発生源だ。本日、イタリア首相が明らかに」。6月に中国のネット上でこんなニュースが広がった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1107文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン