/

この記事は会員限定です

中国当局、ソニーに罰金 広告で「国家の尊厳損なう」

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【北京=多部田俊輔】中国当局は18日までに、広告法違反でソニーグループの中国法人に100万元(約1800万円)の罰金を科した。84年前に北京郊外で日本軍と中国軍が衝突する盧溝橋事件が起きた7月7日夜にソニーが新製品を発表するとの予告について、国家の尊厳などを損なったとしている。

中国当局のサイトによると、北京市朝陽区市場監督管理局が12日付で罰金を科した。ソニー側が6月30日に発表した7月7日夜に新製品を発表す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り384文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン