/

この記事は会員限定です

トンガ、噴火で海底ケーブル損傷 通信復旧に「数週間」

[有料会員限定]

【シドニー=松本史】南太平洋の島国トンガの沖で15日に発生した海底火山の大規模な噴火で海底ケーブルが損傷した。トンガは海外との通信の大半が遮断された状態だ。復旧には数週間はかかるとみる専門家が多い。通信途絶が長引けば、それだけ救援活動が遅れる可能性もある。

トンガは海外との通信を隣国フィジーとの間の海底ケーブルに頼っている。トンガ政府や民間の通信企業が出資する「トンガ・ケーブル」が運営する。この...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り805文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン