/

この記事は会員限定です

感染対策を怠ると懲役3~4年 中国ゼロコロナの恐怖

[有料会員限定]

中国政府が新型コロナウイルス対策で、厳しい隔離やPCR検査を駆使する「ゼロコロナ」政策。その恐怖を象徴するのが、ルールに違反した住民らが逮捕される場合があることだ。東北部の遼寧省大連市では会社の幹部らが懲役3~4年ほどの実刑判決となった。一体何が起こったのか。

大連市で相次ぎ懲役判決

「コロナに関する違法な犯罪は法律に従って厳重に対処する」。大連市中級人民法院(地方裁判所に相当)の担当者らは5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1171文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。「日経ヴェリタスビューアー」ならPC・スマホ・タブレットで読めます。公開から30日以内の紙面イメージを閲覧でき、テキスト表示に切り替えて読むこともできます。今なら、2カ月無料キャンペーン中!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。「日経ヴェリタスビューアー」ならPC・スマホ・タブレットで読めます。公開から30日以内の紙面イメージを閲覧でき、テキスト表示に切り替えて読むこともできます。今なら、2カ月無料キャンペーン中!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン