/

台湾に最も影響与える国、米国が58%で首位 中国抜く

think!多様な観点からニュースを考える

【台北=中村裕】日本台湾交流協会は18日、台湾人の海外に対する印象などを聞いた世論調査結果を公表した。台湾に現在、最も影響を与えている国はどこかという問いに、「米国」と回答した人が最も多く、58%に達した。前回調査(2019年)の33%から大きく上昇した。中国への対抗を念頭に、米国の台湾への協力や関与が深まっていることが反映された。

一方、台湾に最も影響を与えている国が「中国」と回答した人は25%にとどまり、前回調査の45%から急低下した。台湾への影響力で競う米中が初めて逆転する形となった。台湾に最も影響を与えている国が「日本」とした人は13%だった。

今後、台湾が最も親しくすべき国はどこかとの問いには、「日本」と回答した人が46%と断トツで、2位は米国の24%、3位は中国の15%だった。

最も好きな国はどこかという問いにも「日本」を挙げた人が最も多く、調査開始(08年)以来、過去最高の60%に達した。2位の中国(5%)、3位の米国(4%)を大きく引き離した。

日本に対する良い印象は、特に40代以下の台湾人に強い傾向が出た。日本が最も好きな国であると回答した人を年齢別にみると、30代では73%に達し、40代は71%、20代では65%になった。65歳以上では51%だった。

日本からは昨年、新型コロナウイルスのワクチンが不足していた台湾に対し、6回にわたり計約420万回分が提供された。一方、台湾からも日本で不足した「酸素濃縮装置」が約1000台が提供されるなど、特に最近は日台で友好関係の強化に向けた動きが進む。

調査は、日本の対台湾窓口機関である日本台湾交流協会が実施した。1月5日から20日にかけて、台湾に居住する20~80歳の台湾人を対象(サンプル数1068)に電話調査などで実施した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン