/

中国恒大、映画配信会社の株式を売却 運転資金を捻出

【広州=比奈田悠佑】中国の不動産大手、中国恒大集団は17日、保有する映画の制作配信会社の株式を約21億香港ドル(約300億円)で売却すると発表した。恒大グループは資金繰りが悪化するなか資産売却を急ぎ、運転資金を捻出している。

映画の制作配信会社、恒騰網絡の株式18%を第三者に売却する。今回の売却で恒大は恒騰の株を全て手放すことになるという。8月にも恒騰株の約10%を、恒騰の大株主であるネット大手、騰訊控股(テンセント)などに約33億香港ドルで売却することを発表していた。

恒大は中国恒大新能源汽車集団を中心に進めている電気自動車(EV)事業に関わる資産の切り売りも進めている。今月上旬には恒大グループが2019年に傘下に収めたモーターメーカー、英プロティアン・エレクトリックを売却することが明らかになった。

恒大は経営が不安視され、主力の住宅販売に悪影響が及んでいる。不動産市場調査の克而瑞研究センターの推計では恒大の21年1~10月の物件販売額は前年同期比3割減少した。財務悪化による新築プロジェクトの頓挫を消費者が警戒し、販売が滞る悪循環に陥りつつある。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン