/

この記事は会員限定です

中国系SNSが海外で攻勢、「第2のTikTok」視野

成長市場狙い億超えアプリも、安保懸念で規制リスク

[有料会員限定]

【広州=川上尚志、上海=若杉朋子】中国系のSNS(交流サイト)が海外で躍進している。中国市場の激しい競争を避け、成長途上の海外市場をいち早く掌握する戦略だ。カラオケ動画アプリなど利用者数が1億人超のものも散見される。同じ中国系の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」のように世界を席巻する可能性を秘めるが、安全保障上の懸念を背景とした規制リスクがあるなか、先行きは予断を許さない。

「20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1995文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン