/

この記事は会員限定です

中国不動産業界、信用収縮の波 恒大問題が波及

[有料会員限定]

【上海=土居倫之】中国の不動産業界に信用収縮の波が押し寄せている。中国恒大集団の経営問題が波及し、金融機関が不動産会社への融資に慎重姿勢になっているからだ。中国では、関連産業を含めた広義の不動産業の国内総生産(GDP)への貢献度が2~3割に達するという推計がある。不動産会社の資金繰り難は経済成長の急減速を招きかねない。

中国企業の資金調達には銀行融資、社債発行、影の銀行(シャドーバンク)、株式発行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り801文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン