/

この記事は会員限定です

フィリピン政府、大統領選控えネット通販を警戒

情報機器商品「悪用の懸念」

[有料会員限定]

2022年5月の大統領選を控え、フィリピン政府がインターネット通販大手に警戒の目を向けている。候補者や陣営が選挙活動やネット上で支援を呼び掛ける際、ネガティブなメッセージの拡散に悪用できる商品が各サイトで販売されていたためだ。フィリピンのネット利用時間は世界でも有数の長さだ。ドゥテルテ政権の強権的な統治や外交姿勢が争点となる注目の大統領選を巡り、ネット通販大手が揺れている。

「我々は『SMSブラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り853文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン