/

中国船がフィリピン船妨害 南シナ海、比外相が声明

【マニラ=志賀優一】フィリピンのロクシン外相は18日、南シナ海で物資を輸送中だったフィリピン船2隻が中国船により妨害されたとして、中国を非難した。両国は南シナ海で領有権問題を抱えており緊張状態が続いている。

フィリピン外務省によると、西部パラワン島の西に位置し同国が実効支配するアユンギン礁へ食品を輸送していた船2隻が16日、海上の警備にあたっていた中国船3隻に放水され輸送を妨害されたという。負傷者は出なかったものの輸送業務は中止した。

ロクシン氏はツイッターを通じて「今回の事象について我々の怒りと非難、抗議を在フィリピン中国大使と中国外務省に強い言葉で伝えた」と声明を出した。同礁はフィリピンの排他的経済水域(EEZ)であり「中国船の行動は違法だ」と説明した。

南シナ海では中国船200隻以上が南沙(英語名スプラトリー)諸島のサンゴ礁周辺に停泊していることが3月に発見された。米戦略国際問題研究所(CSIS)が10月22日に発表したリポートによると中国船は今も停泊を続けている。

両国による領有権問題を巡る争いが続くなか、ロクシン氏は「自国の領域で必要なことを実施することに(他国の)許可を得ることはしない」と強調した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン