/

この記事は会員限定です

[FT]豪政府の対中「素人」外交にいら立つ企業

[有料会員限定]
Financial Times

中国とオーストラリアの自由貿易協定(FTA)は今週、5周年を迎える。両国間の貿易を年間1000億豪ドル(約8兆円)押し上げた外交の成果だ。だが、キャンベラにそれを祝うムードはない。今、両国間の関係は冷え込み、豪政府の外交政策をめぐる論争に火が付いている。

豪州の外交政策は、2013年から政権を握る保守連合(自由党と国民党)の政府と野党・労働党の超党派の合意を元に形成される。ところが、モリソン首相が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2887文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン