/

この記事は会員限定です

中国共産党を救った鄧小平氏の旅 北京ダイアリー

中国総局長 高橋哲史

[有料会員限定]

かつて皇帝の住まいだった故宮に隣接する景山公園の北側には、胡同(フートン)と呼ばれる古い街並みが広がる。1992年1月17日、その入り組んだ狭い路地の先に建つひときわ目立つ邸宅から、1台の車が警察車両に先導されて出発した。

乗っていたのは当時87歳の鄧小平氏だ。中国誌の「南風窓」によると、車列はまず南に下り、天安門の前を東西に走る長安街を左に曲がった。

すぐに北京飯店が目に入る。鄧氏は84年5月、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1317文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン