/

この記事は会員限定です

[FT]バイデン政権100日の静かなる革命 米政治、劇場型から実務重視に

[有料会員限定]
Financial Times

バイデン米大統領は「就任100日で新型コロナウイルスワクチンの1億回分の接種を実現する」という公約を就任からおよそ50日で果たした。種明かしをすれば「小さい約束をして大きい結果を出す」という政界では古くからある単純な手法を使っただけだ。だが、その逆ばかりをやってきたトランプ前大統領の4年間を経験した後では、不思議と新鮮に感じられる。

無視できない運の良さ

バイデン政権が推進した1.9兆ドル(約20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2816文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン