/

この記事は会員限定です

豪、仏の大使召還「残念」 潜水艦計画変更巡り

[有料会員限定]

【シドニー=松本史】オーストラリアのペイン外相の広報担当者は18日、フランスが駐豪仏大使の召還を決めたことを「残念に思う」と述べた。豪州は16日、米英の支援を受けて原子力潜水艦を建造する計画を発表した。これに伴いフランスと進めていた潜水艦事業の中止を決めた。

広報官は「フランスは豪州にとって重要なパートナーであり、インド太平洋の安定のために欠かせない貢献国だ」とし、今後もフランスとの関係を重視す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り225文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン