/

北朝鮮が最高人民会議 金正恩氏は欠席

think!多様な観点からニュースを考える

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮中央通信は18日、国会に相当する最高人民会議が17日に平壌で開かれたと報じた。先の朝鮮労働党大会で金正恩(キム・ジョンウン)総書記が報告した国家経済発展5カ年計画に関する法令を採択した。金正恩氏は出席せず閉会した。

17日に開かれた最高人民会議の出席者ら=朝鮮中央通信・共同

最高人民会議の開催は2020年4月以来。金正恩氏は19年から代議員に選ばれておらず、同年8月の同会議から出席は確認されていない。

金正恩氏の直属機関である国務委員会の改編が焦点だったが、今回は手を付けなかった。党では総書記の地位を復活させたが、国家の最高指導者ポストとしては「国務委員長」の肩書が維持される。

17日の会議では金徳訓(キム・ドクフン)首相が、経済発展5カ年計画に関し「いかなる外部の影響にも揺らぐことなく、経済を持続的に発展する正常軌道に乗せなければならない」と述べた。

21年予算も採択された。予算総額は不明だが、歳出は前年比で1.1%増えた。国防予算は歳出全体の15.9%を占めるとした。人事は経済閣僚を大幅に入れ替え、6人の副首相のほか財政相、労働相らを新たに任命した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン